cjammbon at CLUB METRO (Kyoto)

今日は、京都のクラブ・METROクジャムボンを観に行きました。クジャムボンは、ご存じクラムボンの変名ジャム・バンド。1時間以上に及ぶジャムセッションを2セット、途中休憩を挟んで合計2時間半の演奏はかなり濃密。途中、アフタービートやエコー処理も頻繁に飛び出し、いっそのこと、ダブに特化した「クダブボン」でもやってくれねぇかなぁ、と思ったほど(あり得ないよな)。

演奏前、べースのミト氏が、このライヴが録音を許可したものであるということを説明。「ほんとはクラムボンでも録音できるようにしたいんだけど…」とも言っていましたが、JASRACが管理している限り、自分の曲でも他人の曲でも、ライヴ会場で歌ってもカラオケボックスで歌ってもJASRACにお金が入るわけですから、よっぽどのこと(演奏曲目を全て未発表の新曲にするとか)がなければ無理でしょう。

それにしても、みんな結構棒立ちで見てたので、あんまり踊らずに2時間半立ちっぱなしは辛かったです。なんでみんなジャムバンドで踊らないかなあ。「みんな座って観れば良いのにね」と言ってるコまでいて、そうか、クラムボンファンは、歌もので純粋培養された人が多いんだな、と、無理矢理納得。

best best
クラムボン 原田郁子ワーナーミュージック・ジャパン 2003-07-24
売り上げランキング : 6,406
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>