私たちは如何にして心配するのを止めて世界を愛するようになれるのか

4年前の本ですが、一昨年あたりから世界的に保守的な傾向が顕著になり始め、自分自身も、人類の原初から辿ってみれば、地球市民的な発想には限界があるんじゃないか、と思いつつあったところで読むと、結構考え直させられるところがあったので、この機会に、本書における「僕らが寄付を行う意味」について、そして慈善団体が「僕らの寄付を促す方法」について、ちょっと考えてみたいと思います。

《続きを読む》

Pocket


「指動かすより声出す方が疲れませんか」とスマートスピーカー市場の盛り上がりに思う

LINE、Google、Amazon、と、日本でもスマートスピーカー市場が日本でも形になり始め、音声検索も盛り上がってくるのでは……という風潮になってきておりますが、多くの日本人と同じく、僕は懐疑的です。

「「音声検索なんて恥ずかしい」と思う人の盲点」という記事で「iPhoneが発表された時だって、日本では流行らないと散々言われてたのに結果は大ヒットだった」ことを例に挙げていますが、音声検索という「前例のないもの」と違い、携帯市場には「i-mode」という「前例」があったわけで、条件が違うように思います。

《続きを読む》

Pocket


「積極的棄権」に感じる意義について

来週日曜日は選挙ですね。

「2017年秋の総選挙は民主主義を破壊している。「積極的棄権」の声を集め、民主主義を問い直したい。」

ネット上ではあちこちで批判され、炎上を巻き起こしているこのキャンペーン、やはり大きな支持を得られておらず、この記事を書いている時点で約5,000人の署名。呼びかけ人である東浩紀氏のツイッターのフォロワーが18万人もいることから考えても、本当に共感を得られてないんだな、ということがよくわかります。

僕は、この呼びかけが始まったその日に、すぐ署名しました。そして、選挙には行きます。

《続きを読む》

Pocket