DODDODO+稲田誠 レコ発 at Namba BEARS (Osaka)

この日はNamba BEARSにDODDODO+稲田誠のレコ発ライブに行って来ました。

doddodo.jpg

akamar22のメンバーの到着が遅れているとのことで、二番手の予定だった二階堂和美がトップバッターで登場。

今年の音博での彼女は、巨大な野外会場で、深く空気を読むこともなく、全くのマイペースで歌い、踊り、煽り、唸り、叫び、暴れていて、その場の空気を見事自分のものに塗り替える感動的なライブだったんですが、全くサイズの違うベアーズでも、やってることが基本的に変わってないというブレの無さがまずすごい。

序盤、初期の静謐な曲で引きつけておきながら、フロアに下りて強引にコール・アンド・レスポンスに持ち込んだ「あなたと歩くの」でお膳をひっくり返し、ガンジー西垣を迎えて演奏したオリジナルの昭和歌謡で卓袱台もひっくり返し、さらにはMCでアル中の親父の愚痴やお葬式の話など、自身のパーソナルな話でひっくり返った卓袱台を窓から放り投げるという、もういつ破綻してもおかしくない状態。

それなのに、その場でやる曲変えたり(楽屋に譜面取りに返ったり)するひとつひとつの行為が、確実に明るく楽しい空気を生み出し、結果的には「最高な時間」にしてしまうという才能には脱帽します。

空気は読むもんじゃなくて作るもんだ、を体現した正真正銘のアーティストです。

新曲もどれも良かったですし、この日ようやく着手し始めたという新しいオリジナルアルバムの完成が今から待ち遠しいです。

akamar22!は、歌も曲も演奏もそれなりに良かったですが、どれひとつ取っても抜きん出たものが感じられず。ギターに目をやりながら歌うならマイクをもっと下げればいいのに……などと枝葉末節が気になってしまった時点で気持ちが入らなくなってしまいましたが、ニカさんの後、というのも良くなかったかもしれませんね。

最後は、「あわじいのテーマ曲」にのせて(いい曲ですね、これ)登場したDODDODO+稲田誠。

DODDODOとしてもお馴染みの曲も交えながら、アルバム収録曲を中心に演奏。単独名義での楽曲と比べ、ベースとのデュオや稲田とのハモりなどがある分、よりDODDODOの持つ表現力の幅広さが発揮されていて、彼女の底知れないポテンシャルの一端を垣間見たようでした。このひと、これからますます面白いことをしてくれそうです。

アンコールでは「口の運動」をプレイ。ユニゾンでバリバリかき鳴らされる稲田ベースが強力でした。歌詞の「MIGHTY MARS」の部分は勿論、「稲田誠 from 西明石」と置き換えられ、DODDODOが「子ども五人っ」と稲田の五人の子どもの名を連呼する中、汗を飛び散らせながらズガズガとベースを爆音でかきむしっていました。

「“子ども五人”という曲でした」の一言でライブは終了。

30分程度の短いステージでしたが、アルバムが30分ぐらいですから仕方ないですね。勿論、帰りに物販で買いました。

Even Kick Soysauce
Even Kick Soysauce neco眠る 二階堂和美

スリーディーシステム 2009-07-08
売り上げランキング : 22385

おすすめ平均 star
star猫イラストが
starエンハンストの映像サイズに注意
starアンダーグラウンドミュージック

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>