吉田省念と三日月スープ at ムジカジャポニカ (Osaka)

この日はムジカジャポニカ吉田省念と三日月スープのレコ発ワンマンを観に行きました。

mikazuki.jpg

会場前には、開演前から数名の行列。会場内に入ると、長椅子だけでテーブルが並んでいないレイアウト。それもそのはず、この日のチケットは完売、当日は出なかったそうです。すっかり人気者になったのか、どこからかシークレットゲストの存在を聞きつけた人がいっぱいいたのか……。

兎も角、開演から10分ほど過ぎた頃に「この日のために髭を生やしてきました」という吉田省念と共に三日月スープ一同が登場。

お馴染み音曲漫才風の挨拶から「Cow & Dog」へと続くハイテンションな出だし。

そして、穏やかでメロウなアレンジで始まり、賑やかな展開でドタバタと盛り上げる遊び心満載な「リラックス」へ。

曲がスロウダウンしてブレイクするところで、ステージの端に立て掛けて置いた折り畳み椅子がバタン、と大きな音をたてて倒れ、「おおおおおっ」と思わず声をあげるファンファン。それに呼応して省念氏が曲に合わせて「おおおおおっ」、それがステージ上で伝染していき、「おおおおおっ」の連呼に。ライブ向けにアレンジを変えていくのはもちろんのこと、さらにその場のノリや思いつきで寄り道したりふざけてみたり、そんな遊び心やイタズラ心がライブの楽しさに拍車をかけ、本人たちが誰よりもそれを楽しみ、それを見ているとこちらもますます楽しくなる……という「正のスパイラル」が起こり、会場全体が幸せに包まれる「三日月マジック」は、正にこのバンドならではのオリジナルスパイス。

フルメンバーでの三日月スープを観るのはこの日が初めてでしたが、鍵盤楽器担当の鈴木ちひろのお腹にはお子さんがいるらしく、しばらく参加していなかったのは、安定期に入る前だったからなのでしょう。やはりトリオでの演奏と比べると、華も彩りも増し、元々魅力的だった曲の数々がさらに魅力的に……というか、三日月スープ本来の魅力を全開にした、言わば「本領発揮」なわけですが、それはもう感動するほど素晴らしく、しかしそれだけに、出産に伴ってまた彼女が離脱するかと思うと複雑な気持ちでもありますが……。

この日はゲストも多数登場し、スティールギターの岩城一彦、奇妙礼太郎ショピンとのツーマンでもゲスト参加していた吉岡利浩

そして、サプライズゲストとして、前半と後半の間にチチ松村が登場。爆笑MCと脱臼弾き語りで、短い時間ながらもばっちり盛り上げてくれました。チチ氏のライブも演奏も殆ど聴いたことはなかったんですが、学生時代にチチ氏のトークに親しんだ身としては、あのまったりとした口調で語られる独特の世界観を伴う話の数々には笑いが止まりませんでした。

チチ氏のコーナーのラストには三日月スープとの共演も。相性の良さを感じさせます。ははきまがムッシュかまやつのバックに起用されたように、チチ氏のライブに三日月スープが参加するようになるのもそう遠い日ではなさそうですね。

豪華ゲスト陣以外にも、会場入り口で「ライブのどこかで鳴らします」とクラッカーが配られたり、前半のセットではドレスアップして登場したり(でも省念氏は熱くて少しずつ脱いでいき、最後にはTシャツに)、レコ発を祝うメッセージが書かれたくす玉を用意したりと、色々この日のための趣向を凝らしていたようなんですが、くす玉はトイピアノとピアニカの置かれた台に置いていたらライブの途中で割れてしまい、植田良太のMC中にそれに気づいたちひろ氏が、彼が日当二万円のバイトをしてニューバランスのシューズを買ったという話をしている途中にくす玉を開いて披露するという間の抜けた展開に。省念氏がすかさず「植田良太〜っ」と植田氏を祝うかのようなことを言ったり、にも関わらず無視してバイトの話を最後までやろうとしたりと、この辺りの面白がり方が、内輪ウケではない開けた笑いになる絶妙なセンスもまたこのバンドの良さ。

「水平線」でアンコールも終了し、席を立ち、そのまま退場……かと思いきや、ファンファンがバックステージに下がったところで省念氏がギターをかき鳴らし始め、立ち去りかけたちひろ氏もピアニカを吹き鳴らし、植田氏も勿論ウッドベースを軽快にスラップ、ファンファンもトランペットを吹きながら帰って来て、路上ライブのようなアクティブなフォーメーションで英詞のアップテンポなナンバーを歌いきり、終了と同時にクラッカーが次々と鳴らされ、大盛り上がりの中、3時間近いライブは幕を下ろしました。

大好きなバンドの大好きな音楽が、最高に楽しい演奏と最高に盛り上げてくれるゲスト、最高にノリのいい満場のお客さんと楽しむことが出来て、それはもう、最高に幸せな時間でした。

勿論、CD「Relax」は鮭と高菜のやきめしを注文するよりも早く買いましたよ。

以下、やや怪しいセットリスト。

<1st Set>
Cow & Dog
リラックス
Blue Bird Rag
黄色い風船
笑顔
春の事(with 岩城一彦)
青い空(with 岩城一彦)
メロディ

〜チチ松村コーナー〜

オリジナルのロシア民謡
祖母がチチ氏の鮒を食べてしまったという少年時代の実話を元にした歌
涙くんさよなら
せんちめんたるちゃりじゃあにぃ(with 三日月スープ+岩城一彦+吉岡利浩)

<2nd Set>
夏の夕暮れ
フラダンス
Hey! Rock’n Roll(with 奇妙礼太郎)
庭仕事

長靴の中の猫(with 吉岡利浩)
妖怪にご用心(with 吉岡利浩)
隣の街(with 吉岡利浩)
祭りの後
北から南

〜アンコール〜

Lollipop
水平線(with 岩城一彦)
曲名不明(英詞のカバー)

GET HIP SHOWCASE 3
GET HIP SHOWCASE 3
GET HIP RECORDS 2009-09-25
売り上げランキング : 46471

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>