SUMMER SONIC 08 (Osaka)

この日は「SUMMER SONIC 08」に行ってきました。今年も1日目だけの参加。

場所を舞州に移して2年目。昨年のアクセスの不快さを回避するため、新大阪から直行のバスを予約。これがまた場所が分かりづらいしスタッフの応対も適当。これがサマソニクオリティということで。

会場に着くと、ちょうどTHE WOMBATSの演奏がスタートしたところ。全く知らないバンドでしたが、イギリスらしいギターポップが楽しく、オープニングから楽しませてもらいました。

POLYSICSまで、特に目当てのバンドもなくうろうろしてたら、BREEZE STAGEから心地よい轟音が。MASS OF THE FERMENTING DREGSでした。全くの初耳でしたが、このバンドは凄いですね。Number GirlとかMO’SOMEとかKING BROTHERSとか、聴いた途端にぶっ飛ぶような爆音を聴かせてくれるバンドのファースト・コンタクトのインパクトが、ガールズ・バンドで聴くことは無かったので衝撃的でした。関西のバンドなんですね。また観たい。

ET-KINGを観てちょっと白けて昼食(お好み焼き)。

OASISをちょっとうろうろしてから、SKY STAGEのPOLYSICSへ。ちょうど陽が真っ直ぐに叩きつけてくる時間帯に、「BUGGIE TECHINICA」で始まるハードなセットで死にかけながら暴れてました。DEVOのカバーもやってましたが、DEVOは一切聴いたことが無いのでピンと来ず。

少し日陰で休んで、JUNKIE XLで激踊り。ずいぶん昔にアルバムで聴いたきりだったので、ほとんど初耳状態。遠目に見てるとブルース・ウィリスみたいでした。

一度観ておきたかったSUPER FURRY ANIMALSは、予習無しではちょっと厳しい感じだったので、途中ウトウト。

OASISでSKINDRED聴きながらロコモコ丼で夕食。

COLDPLAY以外に後は特に観たいアーティストもいなかったので、OCEAN STAGEでALICIA KEYSから観ることに。楽曲も歌もバンドも実にゴージャスでアメリカン。素晴らしいパフォーマンスでしたね。可愛かったし。

トリのCOLDPLAYは、ブリクストン公演のセットリストそのままかと思いきや、中盤から徐々に変化していて、「世界に一つだけの花」のサビを歌ったり、ステージから駆け下りてお客さんの真ん中でアコースティックバージョンの「The scientist」、「Talk」のダンスリミックスのようなインターミッションを挟んでの「Politik」など、サプライズ満載でたっぷり楽しませてくれました。ワンマンの時ほどの完成度の高さが無かったので、改めて単独来日してほしい。

帰りのバスは、遥か遠くまで歩かされて、相変わらず疲れる帰路でしたが、でもサマソニは舞州以降、明らかに楽しくなったので、やっぱり来年も行きたいです。

Viva la Vida
Viva la Vida Coldplay

Toshiba Emi 2008-06-17
売り上げランキング : 69

おすすめ平均 star
starけいたんの評価
starこれが今のコールドプレイ
starなにが悪いんだ?

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>