FLASHNATION at Shangri-La (Osaka)

今日は、Shangri-Laで行なわれた「FLASHNATION」というイベントに行ってきました。各バンド30分というコンパクトなセットでありながら、ただでは帰さぬ強者ぞろいで、強烈な一夜となりました。

まずはLimited Express(has gone?)の登場。3人の個性が火花散らしてぶつかり合うパワフルなライヴはこの日も健在。さらに、リミエキがソロ・アルバムに全面参加したドン・マツオが一曲ゲスト参加して、そのソロ・アルバムからの曲を演奏するサプライズもあり、非常に濃密な30分でした(観終わった後もしばらくドキドキしてました。もんの凄いかっこ良かったよぅ)。

続いてはOORUTAICHIの登場。初見でしたが、えらい楽しかったです。一応ダンス・ミュージックということになるんだと思いますが、広義の「ダンス・ミュージック」をまるごと内包したような、ジャンルも国境も飛び越えた「何でもあり」なオケに、インド音楽みたいなイントネーションのボーカルを乗せていくという感じなんですが、次の瞬間何が起こるか予測不可能で、必ずと言っていいほど、思ってもみないところから球が飛んでくる感じが、たまらなくかっこ良く、楽しいのです。

バンド→エレクトロと、交互に出る構成になっており、OORUTAICHIの次はバンドスタイルのグループ。リミエキでゲスト参加したドン・マツオ率いるズボンズ。リミエキもそうでしたが、持ち時間が短いので、MC短めで楽曲をぎゅっと押し込んだことで、普段よりも濃度が高まっているように感じました。特にズボンズは半端じゃない凄さで、もう、ちょっと言葉では言い表せないほど。前半が終わった時点でギターの弦は切れてるわベルトが外れて転がってるわ、マイクどこかへ行っちゃってるわで、まさしくドン・マツオ言うところの「台風一過」状態。後半も怒濤のごとき狂乱のステージで、バンド全体から猛烈なエネルギーが迸っていました。ひえぇぇっ。

フロアが放心状態のまま、ステージはすっかり機材を片付けられ、SPDILLの出番。ちょっと音に迫力がなかったような気もしますが、P.A.の問題かも。このライヴハウス、2回目で何となく思ったのは、あんまり音のバランス良くないですね。特にボーカルは全く聞こえないかキンキンするか、どちらかになってしまうことが多いような気がします。ちなみにイルリメはキンキンしてました。

最後はHydro Guru。DMBQの増子真二と、元DMBQの吉村由加……と思ってたら、ドラマー変わってたのね
そのドラマーが、花火を両手に持って絶叫しながらフロア後方から登場。花火を振り回しながらステージへ向かい、顔をマイクごとテープでグルグル巻きにした増子真二の膝に付けてあった花火に着火。花火スパーク状態で演奏はスタート。昔のDMBQなオーソドックスなギターに、やたら手数が多い、荒れ狂うドラムが、合うか合わないか微妙な変拍子でわめき散らし、わずか20分足らずでドラムもギターもひっくり返してとっとと終了。うっわぁ、かっけー。

この日のベスト・アクトはズボンズ。

New San Francisco New San Francisco
ズボンズ
Pヴァイン・レコード 2004-10-15
売り上げランキング : 93,239
おすすめ平均 Amazonで詳しく見る

by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>