ZENI GEVA at Namba BEARS (Osaka)

この日はNamba BEARSZENI GEVAを観に行きました。

最初のバンド・河端一、森田聖、岡野太の三人によるADIOS DIOSは、岡野のタイトで高速なフィルインが唸りを上げて突進する上を河端一が粘りつくようなリフ/ソロを弾きまくる、ヘビィなインストバンド。ドラムセットがギター、ベースと横並びになるようにステージ前方にセッティングしており、岡野の切れ味鋭く、しかも一音一音が鉄球のように重いドラミングが前面に押し出されていました。

僕の位置からは演奏する姿が見えなかった(もじゃもじゃ頭は見えました)河端のギターも、病み上がりとは到底思えない凄まじさで、ハードロックなリフからサイケなソロ、トランシーなフィードバックと、休み無く紡ぎ出されるフレーズの嵐。

今後、パーマネントなバンドとして活動を続けていくそうです。皆さん、観た方がいいですよ。

ZENI GEVAは初見でした。スラッシーなメタル・バンドと言ったところでしょうか。

ザクザクと刻むパワーコードと野太いボーカル、正確無比な高速フィルインで、変拍子混じりのナンバーを演奏。ベースレスながら、低域の物足りなさは感じませんでした。

楽曲はどれもクオリティが高く、勢い任せではないどっしりとしたテンポで刻まれるリフはひたすら格好良かったです。昔好きだったFUDGE TUNNELをちょっと思い出しました。

リフ主体のナンバーが多いので、ややもするとメリハリが無くなってしまいそうなところですが、そこはタバタミツルのギターシンセとエフェクターを駆使したギタープレイが鮮やかな彩りで全体のトーンコントロールを行っていきます。様々な音色を使い分けながら、絶妙な音響バランスを保って表情を生み出すテクニックはとにかく見事。途中から、ずっとギターばかり見ていました。

吉田達也がここまでゴリゴリのロックバンドで叩くのは初めて観ましたが、RUINSでハードロックのメドレーなどをやってるだけあって見事な叩きっぷり。特有の“しなる”ドラミングが、ヘビィなリフが乗ることで、デイヴロンバートを彷彿とさせる面も。

今年初めてのベアーズで、ハード&ヘビィなバンドを久々に堪能した一夜でした。

ALIVE AND RISING
ALIVE AND RISING ZENI GEVA

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>