「指動かすより声出す方が疲れませんか」とスマートスピーカー市場の盛り上がりに思う

LINE、Google、Amazon、と、日本でもスマートスピーカー市場が日本でも形になり始め、音声検索も盛り上がってくるのでは……という風潮になってきておりますが、多くの日本人と同じく、僕は懐疑的です。

「「音声検索なんて恥ずかしい」と思う人の盲点」という記事で「iPhoneが発表された時だって、日本では流行らないと散々言われてたのに結果は大ヒットだった」ことを例に挙げていますが、音声検索という「前例のないもの」と違い、携帯市場には「i-mode」という「前例」があったわけで、条件が違うように思います。

加えて言えば、当時の「iPhoneは日本で普及しない」は実は本国でも同じ反応があり、iPhoneを耳に当てて電話をする、という、今では当たり前のシチュエーションを捉えた映像が、iPhoneを小馬鹿にしたジョーク映像として出回っていたぐらいですので、現在の「音声検索は普及しない」とは質が違うのではないでしょうか。

そして、記事内に記されている他の「市場調査とは真逆の結果になった」ヒット商品・サービスについても、一つ一つ振り返ってみると、その条件の違いが見えてきます。

まずFacebookですが、「実名やプロフィール写真の文化」はミクシィが先行していて、「実名招待制」で始まり、爆発的に普及しました。インスタの自撮り、ユーチューバー人気は、「リア充」と「非リア充」の間にある「壁」を明確にしました(一時期流行語のようになった「バカッター」にしても、「リア充」の人たちだけの世界の出来事です)。「携帯電話でメールやインターネットを使う」ようになったのは、「音声」よりも「メール」が楽・便利だと気付き、インターネットと接続することで携帯電話によってクローズドな自分の世界に浸ることができることに心地よさを覚えたからです。

もうひとつ気になるのは、先ほど「前例のないもの」と書きましたが、それは真っ赤な嘘で、音声検索はとっくにスマホユーザーの手元に「OK Google」「Siri」という形で届いています。つまり、普及しないもなにも、「とっくに普及している」のが現実です。問題は、にもかかわらず「普及するかどうか」が論じられている点です。なぜか。それは言うまでもなく「誰も使ってない」からでしょう。すでに使えるものを全く使っていないのに、スピーカーとして外部に設置すると使うようになるでしょうか。なる場合もあるでしょう。でも、僕だったら「スピーカーとして外部に設置する」ということを少し反芻して、ゆっくり深呼吸をした後、スマホの画面に表示された購入ページを閉じてしまうと思います。

以上のことに加え、個人的には「音声検索なんて恥ずかしい」と思うし、その恥ずかしさを乗り越えたところにある利便性が、音楽再生や天気予報やアラーム程度のことであれば、「間に合ってます」としか思えないので、僕は懐疑的です。

ただ、「懐疑的」は「否定的」ではないので、普及の可能性はあるんだろうなと思っているのも事実です。それは、上記記事でも「自分のスマホを持っていない息子たちは、すぐに音楽再生や天気予報、アラームの機能を使いこなすようになりました」と書かれている通り、僕のようなロートルではなく、デジタルネイティブの若者たち、そして、前述した「リア充」たち、LINEやインスタの普及を引っ張ったビビットな人たちに響けば、一気に普及するのかもしれません。

とは言え、スマホアプリではなく具体的なデバイスを購入することが条件となるので、これらの層の人たちが購入のステップに進めるかは、米国のように「クリスマス」、日本だと加えて「お正月」にかかっているでしょう。

問題だと思うは、今のところ各社「スマートスピーカーをいかに売るか」という「プロダクト・ファースト」での発想が目立つところです。10代、20代を取り込むには「モノありき」からどこまで歩を進められるかが重要なのではないかと思います。特に、「日本は出遅れてる」という煽りは、「出遅れててなにが悪いの」という反発を誘うだけではないでしょうか。

さて、僕が求める理想のゴールはと言えば、ざっくり言えば「スマートウォッチと同じ道を辿る」です。つまり、スマートスピーカーは売れなかったけどスピーカーが改めて見直されて、コンパクトなオーディオスピーカー市場が活性化する、という未来なんですが、まあ、それこそ難しいかもしれませんね。

……と書いていたところで、客観的なデータが出ていたので見てみます。MMD研究所による調査データによると、スマートフォンの音声入力機能を使ったことがあるのは6割強。しかも「普段から」「時々」を合わせた利用者の割合は50代以上が最も多いという結果。最も多い60代で5割弱、最も少ない30代は3割弱という数も想像よりもかなり多かったです。

興味深いのは利用シーンで、一番多いのが「テレビを見ている時」ですが、それと競っているのが「自転車で運転している時」「歩いている時」。どちらも「ながらスマホ」が禁止されているシチュエーションです。音声入力の用途のトップが「地図/ルート検索」で、次いで天気予報、ニュースとなっているので、外出時に目的地までのルートを調べる、という使い方が最も多いようです。

さらに、スマートスピーカーの認知度を見ると、なんと7割弱が知らないという結果。こちらは逆に、もっと知られていたと思っていたので驚きました。そしてスマートスピーカーへの興味度は、こちらは想像に近く、10代が最も高い約4割。スマホの音声入力に反して、60代が最も低い数値になっています。単純化してしまえば、スマホの音声入力に満足している人は、スマートスピーカーには魅力を感じず、スマホの音声入力にそれほど関心のない人はスマホスピーカーに期待感がある、と捉えられるでしょうか。認知度アップは早めに手を打つべき課題でしょうが、スマホの音声入力とスマートスピーカーとの間にあるニーズのギャップについては熟考の価値があるのではないでしょうか。

数年後、スマートスピーカーが普及している/していない未来に向けて。

Pocket


「積極的棄権」に感じる意義について

来週日曜日は選挙ですね。

「2017年秋の総選挙は民主主義を破壊している。「積極的棄権」の声を集め、民主主義を問い直したい。」

ネット上ではあちこちで批判され、炎上を巻き起こしているこのキャンペーン、やはり大きな支持を得られておらず、この記事を書いている時点で約5,000人の署名。呼びかけ人である東浩紀氏のツイッターのフォロワーが18万人もいることから考えても、本当に共感を得られてないんだな、ということがよくわかります。

僕は、この呼びかけが始まったその日に、すぐ署名しました。そして、選挙には行きます。

この呼びかけの時点では、立憲民主党は影も形もありません。呼びかけ文のとおりの、馬鹿馬鹿しいことこの上ない、投げやりな気分にしかならない状況でした。それでも、世間の声は批判一色、そして批判という形を持たない「そもそも無関心で声すら上げない無投票者たち」が大半を占めているという状況。

もともと選挙に行くつもりではありましたが、全く消極的で、「いい加減、共産党に入れるのも嫌になってきたので、比例代表は自民以外のどこかに適当に入れるか」ぐらいの投げやりな気持ちでした(候補者は公示前でした)。立憲民主党が出てきたときも、「ピッコロと神様が別々になった」みたいで「なんじゃこりゃ」と思わずに入られませんでしたが、結局、立憲民主党に入れることになりそうです。

署名について、世間もっぱらの評判は、民主主義の否定だとか選挙のことをわかってないとか、大体そんな感じで、「棄権しろとか言ってるバカがいますが、それでは与党の思う壺です、必ず投票に行きましょう」と、このキャンペーンを引き合いに投票の重要性を説く論調が散見されました。少なくとも、東氏本人がリツイートしたもの以外で、このキャンペーンを肯定的に捉えた発言は一つも目にしていません。

その割にはいくつかのニュースサイトがこのキャンペーンを取り上げ、東氏のインタビューを掲載しました。意外な反応でしたが、それでもキャンペーンの賛同者は上記のようなごくわずかに止まってしまっています。

僕はこのキャンペーンに賛同し、氏の考えを支持しています。その上で選挙に行きます。なぜかと言えば、氏の主張は、「ゲンロン0」に至る氏の思想の延長である、「二元論に捉われない第3の道」を導き出す模索だからであり、そこに僕自身が「閉塞感からの解放」を得たからです。それについては当ブログの「ゲンロン0」に関する記事で書きましたが、ここでも氏は、右か左か、白黒はっきりと分断し、対立させる構造に異を唱え、「投票に行くか行かないかではない、それだけでは掬い上げられない民意」にスポットを当てようとしています。それが、「選挙なんて意味ないからそもそも行かない」とは思わないものの、「選挙こそ民意を伝える最重要手段だから是が非でも行く」が、本当にそれでいいのかとモヤモヤしている僕には、単なるそもそも論ではなく、「積極的棄権」という選択肢だって方法によっては意味を持たせることができるんじゃないか、むしろそこに意味を持たせなければ、投票に行こうが行くまいがこれから先も国会議員たちに好き放題されるだけなんじゃないか、という視点に目からウロコが落ちる思いがしたからです。加えて、氏がこのキャンペーンより前に、「右にも左にも与したくない人たちにとっての、第3の道が欲しい」といったような発言をしていて、それらが自分の中でひとつながりになり、深く心に刺さったのでした。

それは、以前からあった割り切れなさに対して「それってこういうことだからでしょ」と言葉によって姿が与えられる行為でした。氏は「左も右も同じ作法で行動している」点を指摘していましたが、氏のキャンペーンに両翼から批判が来ているらしいので、それはまさに発言の通りの状況になっていることの証左であろうと思います。

「選挙に行かない」ということに対して批判をし、「選挙に行く」ことを無条件に肯定することは、淀みなく正しいことで、反論の余地はない、ということを自分の中にプリセットしておくことで、スイッチひとつで「棄権する奴はバカ」という言葉が「あまり考えなくても出てくる」ようになっている人が、たくさんいるのではないでしょうか。それは、「改憲」と一言目にするだけで「右翼」「戦争」とワンタッチで結びつけられるようにプリセットされていること、「9条を守れ」と聞けば「反日」「在日」がショートカット一発で入力されるようプリセットされていることと同じで、要するに、とてもわかりやすい右用・左用のプリセット集をそれぞれ持っていて、一回その出力結果に納得すれば、あとは深く考えずにそのプリセットをガンガン使い、そうすることで発言には微細な振り幅というものが殆どなくなっていって、「これってもう古くなってないだろうか」「これはもう使っても効果ないんじゃないの」というプリセットの吟味や調整がなされなくなってしまう/しまっていて、それが、結局右も左も「自分では抵抗しているつもりのポピュリズムに飲み込まれてしまっている」原因ではないかと思います。プリセットの多用は思考停止の別名であり、思考停止はポピュリズムの大好物だからです。

東氏もこの署名が何らかの効果を持つとは思っておらず、キャンペーン立ち上げ直後も「怒りに任せて始めただけ」というような発言もしているぐらいですが、それでもこのような意見表明、このような考えを可視化することは、とても大事なことではないでしょうか。選挙によって国民が強制的に思考停止させられているなら、「ちょっと待って、ゆっくり考えさせて」と言い返すこと、投票に行くよりもまず考えるべきことがあるんじゃないかと「祭り」に抵抗することも、大事なんじゃないかと。

そして、「だからって、投票ぐらい近くの投票所にさっと行ってさっと帰ってくるだけなんだから、並行してできるでしょ」というのが、キャンペーンに賛同しながら投票にも行く、僕の考えです。正しいのかどうかは、わかりません。

Pocket


フランク・ザッパをヒップホップだと思って聴いてみる

フランク・ザッパの音楽、もっと正確に言うと、フランク・ザッパの歌を聴くと、まるでヒップホップを聴いているような錯覚が起こります。語りとメロディを行き来するスタイル、うねるような低音、そして、印象的な韻の踏み方。つまり、フランク・ザッパの歌にはラップの要素が濃厚にある、ということですが。

ヒップホップの歴史はザッパのデビューよりも後で、実際、彼が自覚的にラップを取り入れた様子はなく、非常に高い可能性で「他人の空似」であるわけですが、それにしても彼のライムが持つドープさは、ザッパを聞いたことがないヒップホップファンにも届けたくなるほどのものだと思っています。

というわけで、ザッパのヒップホップ性を、ザッパのボーカリストとしての変遷や具体例から軽く探って行こうと思います。

《続きを読む》

Pocket