毎月慈善団体に寄付してみるシリーズ・その11:ロヒンギャ難民

毎月同じ金額を、いろんな慈善団体に寄付してみるという試みのシリーズ、今回は前回の予告通り、ロヒンギャ難民への支援を行なっている団体に寄付しようと思います。

ロヒンギャとは、ミャンマーの少数民族。宗教・人種による差別を被り、暴力的な迫害を受けて隣国バングラデシュに逃れて難民生活を送っている人たちは数十万人に上るそうです。無国籍状態の中、ロヒンギャ族の住むラカイン州は今年に入ってもなお迫害が続いている状況ということで、国連含む国際社会の厳しい目が向けられています。

多くの支援団体が様々な援助を行っていますが、毎回本ブログで寄付の候補先選定に使っているJANIC正会員の中では、下記の団体にロヒンギャに関する情報がありました。

プラン・インターナショナル・ジャパン
ヒューマンライツ・ナウ
シャプラニール=市民による海外協力の会
国際協力NGO 世界の医療団

中でも具体的に支援に関する情報が記されていたのがシャプラニールで、ロヒンギャ難民への支援のため、という目的に絞って寄付できるので、現在、次の支援方法について検討中ということですが、今後の活動を応援するという意味で、こちらに寄付することにしました。

シャプラニールのサイトでは、僕が1回の寄付金額として設定している6,000円という金額のメニューがなかったので、3,000円の寄付を2回行いました。

先にも書きましたが、ロヒンギャ難民への支援は、上記団体以外にも、国連や様々なNGOが行っています。何かの縁であなたがどこかのNGOの情報に触れることがあれば、その団体が彼らへの支援をしているかどうか、チェックしてみてください。

貧困や差別、紛争などの問題は後を絶ちません。容易に解決することはできませんが、慈善団体がその一助となり得ることは、知って損のないことだと思います。そして慈善団体の多くにとって、僕ら直接的な援助をしない人たちによる寄付が、どんな小さな額であっても、彼らの活動の一助になり得ることも、知って損のないことだと思います。

ということで、そろそろ確定申告なので、次回までに寄付金控除について調べておきます。


毎月慈善団体に寄付してみるシリーズ・その10:バングラデシュ

毎月慈善団体に寄付してみるシリーズ、10回目となる今月はバングラデシュへの支援を行なっている団体に寄付をしようと思います。

バングラデシュと言えばグラミン銀行が有名で、貧困の問題は未だ大きい国ですが、識字率や失業率ともに徐々に改善されているようです。要因の一つとして、多数のNGOによる援助活動があるようです。

いつも寄付の候補先選定に使っているJANIC正会員の中にも、バングラデシュへの支援をおこなっているNGOはいくつかありましたが、特にバングラデシュを主に援助活動を行なっているのは以下の2団体でした。

ESAアジア教育支援の会
アジアキリスト教教育基金

どちらも現地で教育支援を行なっており、事業レポートに目を通すと支援費の規模も同等でしたので、毎回寄付している6,000円を2等分し、各団体に3,000円ずつ寄付することにしました。

バングラデシュと言えば、今も続いているロヒンギャ難民の問題がありますね。来月はこの件について取り上げようかと思います。

※バングラデシュとは無関係ですが、最近、駅前で外国人による寄付の詐欺が横行しているようで、地元の駅周辺でもよく目にします。このような詐欺に引っかからないようにするには、日頃から「自分で見つけた寄付すべきところに寄付する」習慣を身につけておくと、街中の不意打ちの寄付に惑わされることがない、というメリットがあります。普段、自分が可能な額寄付しているのであれば、詐欺であってもなくても、衝動買いのように寄付する必要はないのです。ユニセフでもUNHCRでも赤い羽根募金でも、路上で寄付を募らなければならないのは、日頃から寄付する習慣を持つ人が足りないからだと思うのです。安定した収入のある方は是非、普段から定期的な募金に自主的に取り組み、このような詐欺に逢わないようにしましょう。


毎月慈善団体に寄付してみるシリーズ・その9:エイズ孤児

毎月慈善団体に寄付し、その報告を金額と共に行うという本シリーズも9回目になりますが、今月、というか本日は世界エイズデーということにちなんで、募金先を決めたいと思います。

実は今日は僕の誕生日でもあり、そのつながりもあって、誕生日が来ると世界エイズデーも頭をよぎります。ちょうど今、QUEENの映画「ボヘミアン・ラプソディ」(映画の内容についてはQUEENファンなだけに手放しで絶賛する気にはなりませんが。フレディはきっとこんな映画望んでないよ)が大ヒットしており、彼らの音楽の販売数が劇的に伸びているようですが、この映画を通してエイズへの関心、サポートが増えればいいなと思います。

実は今月は、事前に寄付先を決めていました。数年前から、プロボノといてほんの少しだけですがお手伝いさせていただいている、主にアフリカのエイズ孤児の支援を行なっている団体・PLASです。ご縁があるだけに、これまであえて寄付先としないようにしていましたが、やはりエイズデーは僕にとっても特別な日ですので。

こちらは、事務局長とお会いして直接活動内容を伺ったこともあり、小さいながらも大変信頼のおける方々であると認識しています。現在はウガンダで夫をHIVで亡くしたシングルマザーの支援に力を入れられています。

というわけで、いつも通り、今月も6,000円を寄付しました。

寄付金額の区切りに6,000円というのがなかったので、1,000円と5,000円の2回に分けて寄付しました。
皆さんもこの機会に一度、エイズ問題について関心を寄せていただき、クリスマスプレゼントの感覚で寄付をしてみてはいかがでしょうか。

あ、クリスマスプレゼントと言えば、Amazon.comがこんなキャンペーンをやってますね。

恵まれないこどもたちへ、Alexaでクリスマスプレゼントを贈ろう「Alexa, donate to Toys for Tots」