三田村管打団? at 旧グッゲンハイム邸 (Hyogo)

この日は旧グッゲンハイム邸三田村管打団?を観に行きました。

この日は平岡新、森本アリ、安川マナミというトランペット3人、亀井奈穂子、飯野弥生、澤井まり、松田徹というサックス4人が見事に勢揃い。チューバは塩田遙ひとり、ドラムスは光田臣がドラムセットに座っていました。光田氏がこの楽団でドラムセットに座っているのは多分初めて観たと思います。トロンボーンはお馴染みの廣田智子、不動翔子にもうひとり女性が、そしてバスクラリネットを吹く男性が1人、と、久々に観に来たら懐かしいような珍しいような不思議なメンバー構成になっていました。

《続きを読む》

Pocket


三田村管打団? at アートエリアB1 (Osaka)

この日は、鉄道芸術祭vol.4「音のステーション」のオープニングイベントで三田村管打団?がパレードをするということで、家族揃ってアートエリアB1に行って来ました。

音のステーション・オープニングパレード

《続きを読む》

Pocket


三田村管打団? “おめでとう”は、どれぐらいおめでたいのか

クラシック音楽は、テレビ/ラジオの番組と言わずCMと言わず、お店と言わず公共施設と言わず、BGMとして大量に使用されており、曲自体を知らなくてもフレーズは頭に焼き付いていて、知らぬままにクラシックの音源を手に入れると、聴いているうちに自分のよく知っていたフレーズが、思いもよらぬところから突然飛び出してきてびっくりすることが少なくありません(もしかすると、今はどこのBGMもJ-POP化していて、若い方はベートーベン“交響曲第5番”を聴いてもピンと来ないということもあるのかも知れませんが)。

《続きを読む》

Pocket