今更読んでも衝撃的な「ファスト&スロー」の感想や引用


いわゆる行動経済学の勉強をと思って、Amazonで上下巻を、最安値を目指して購入。すると、上巻はハードカバーが届き、下巻は文庫が届くという若干の残念さが漂う結果に。ネットショッピングはなかなか一筋縄ではいきません。

2012年に刊行された本で、内容は、人間の不合理な意思決定について、膨大な研究、実験、調査による様々なデータによって、これでもかというほどしつこく、しつこく、念入りに解明していくというもの。「あー確かにそういう判断するわー」という「あるある本」としても驚きと納得の連続で非常に面白いし、例えば僕らのような広告を含むPRツールのデザインの仕事に携わっていると、「こうした方が読む人には好印象に伝わる」と判断していることが、ちゃんとデータで裏付けられていたりして、ちょっとした答え合わせ感覚もあります。これは言い換えると、「自分が直観的に判断していること」を客観的に捉えた本なのだから、「自分が直観的に判断していること」を客観的に捉えて、それを利用することで例えばキャッチコピーなどを考えている僕らはほぼ同じプロセスを辿っていて、それがどこまで裏付けがあるのか、ということを別にすれば、近しい結論に至るのはある意味当然でもあるわけです。

但し、この本の念入りさと比べれば、そんなものは「まぐれ玉が当たった」程度のもので、上下巻に渡って人間の思考パターンを徹底的に分解されると、その裏取りの仕方も根拠の立て方も投げる球のバリエーションも、いかに貧弱で後ろ盾の無いものかを思い知らされるばかりです。

時折、例題がアメリカに住んでいないとピンと来ないネタで、著者の推測どおりにこちらが誘導されずに集中力が途切れる場面があり、本書が「仮説を立て、実験によって導き出された結果から結論を出す」パターンの繰り返しなので、集中力が切れると音を上げそうになります。特に下巻になると、上巻300ページで散々掘り下げた上に、さらに細かく、執拗に、ネチッこく分析していくので、驚きと疲れがほぼ半々で並走するような読み方になっていきました。言葉は平易で、とても分かりやすいんですが、油断すると「さっきから同じ話を繰り返してるんじゃ……」と頭がのぼせてきました。

というわけで、最後の方を読んでる頃には最初の方の話がすっかり抜け落ちてしまっていたので、思い出しがてらドックイヤーした部分を頭から読み返し、書き起こしていきました。総文字数50,000時強。それだけでヘトヘトになりましたが、より消化度は高まりました。うん、この復習の仕方、いいかもしれない。本を開きっぱなしで固定できるFlipKlip買いましたよ。机上でやるにはほんと便利です。1/3ぐらいはiPhoneのフリック入力でやりましたけど。

《続きを読む》

Pocket


モスで持ち帰りするのにわざわざネット注文するか否か

ひと月ぐらい前ですが、モスバーガーのネット注文が伸び悩んでいる、という新聞記事がありました

モスのネット注文は、ネットやスマホで事前に注文しておくと、店舗に着いた際に待つこと無く、すぐに商品を受け取ることが出来るというもの。モスカードを使えば事前に決済も可能なので、会計の手間も省けます。

こんなに便利なのにどうして伸び悩んでいるかというと、「そんなに便利じゃない」からでしょう。実際、僕も何度か使ったことがありますが、それほど便利さを感じなかったので今はもう使ってません。

《続きを読む》

Pocket


「誰が音楽をタダにした?」は、タイトルに期待しないで読んだ方が面白い

「誰が音楽をタダにした?」と言われても、アメリカはどうか知らないけど、日本では別にタダになってないし、全然興味無いわ。と思って無視してたんですが、世間の評判が随分良かったので、とりあえずKindle向けに出ていた無料お試し版を、秋田への出張のお供にKindle Fireに入れてみたところ、数十ページ読み進めたところで「とにかく面白い」という結論に達し、宿泊した秋田県湯沢市のホテル近郊の書店へ向かいました。出張先で本を買うなんて……と思いながらも、やはりKindleは読み心地が悪いし、とにかく紙の本で今すぐガッツリと読みたい、という欲求に克てませんでした。幸運なことに、ホテルから徒歩2分ぐらいに本屋があり、外観は自動車ディーラーにくっついている上に文具やとのハイブリッドだったので期待せずに入ったところ、恐るべき立派な書棚で、特に漫画コーナーは文庫版手塚治虫全集や藤子不二雄全集が膨大に取り揃えられており、サブカル系も充実した「梅田の丸善・ジュンク堂をワンフロアに納めた」ような濃密さ。そして、音楽書のコーナーに本書もしっかりと並べられていました(Amazonでは在庫切れでKindle版に飛ばされていたというのに)。

というわけで出張の帰路の飛行機から、大阪の通勤電車に揺られる日々へと移りながら、約1週間かけて読み終えました。

《続きを読む》

Pocket