細野晴臣 at ユニバース (Osaka)

この日はユニバース細野晴臣を観に行きました。

トロピカルビルダンディー at ユニバース

チケットは整理番号も無いので、会場前から味園ビルの駐車場へ入っていくように出来た入場列に並んで待機(熱心なファンの方は昼間から並んでいたそう)。こういう感じ、久々でちょっとワクワクしました。

入場すると、ドリンク券とともに渡されたのは、翌日のイベントのチラシと、チケットが即完したために使われることの無かったこの日の告知のために作ったチラシ。こういうの嬉しいです。

この日の会場内は禁煙。空気の悪いイメージだったユニバースですが、禁煙だとそんなこと無いんですね(水回りの銭湯みたいな生臭さはやっぱり気になりますが)。

細野氏は、昨今の歌ものバンド形態での大阪ワンマンは、意外にも初めてなんだとか。僕も5年ぶりに観たので、バンドメンバーが若手に入れ替わっていて新鮮でした。特に伊藤大地のドラミングはやはり格別。もう鳴りのタイトさとか切れの良さが素晴らし過ぎます。横でギター弾いてる人もいい味するギター弾いてるなあと思ったら高田漣でした。

ユニバースの音響ではMCが聴き取りづらかったり、演奏もちょっと遠くに感じるようなリバーブ感があったりしたんですが、フロアの賑やかな雰囲気は、この日のイベントには申し分無しといったところ。

始めの方のMCで「全然知らない曲だけどいい曲だなぁ、と思って聴いててください」と言い、マニアックなカバー曲から入り、この日のイベント名「トロピカル・ビルダンディー」から連想される時代のレパートリーで行かないことを宣言するようなチョイスは細野氏らしいですが、サウンドも負けず劣らずの細野節。落ち着いた、深みのある音でじっくりと演奏する感じですが、バンドは渋い音でありながら卓越した演奏でグングンと力強く前進するし、細野氏の声は枯れた味わいを漂わせつつ、若い頃のフレッシュな感じもしっかりと残っていて、古いカバー曲ばかりでもリアリティと現代性を感じるような不思議な魅力に溢れていました。

そんな細野氏も、「トロピカル・ビルダンディー」のタイトルは意識していたらしく、「1曲ぐらいやらないとね」と“熱帯夜”をプレイ。この日が熱帯夜だったらピッタリだったんですが、外も湿気は多いものの結構涼しかったんですよね。

途中から野村卓史が参加し、グッドラックヘイワが揃ったところで細野氏は袖に引っ込み、二人の人気レパートリー“Cinese Skater”をバンドメンバーで演奏。これ聴くのも5年ぶりだなぁ。やはり大地氏のドラムスが圧巻。戻って来た細野氏が卓史氏に「上手いね。これオリジナルなの?」などと言っていました。

続いて、「伊賀くんが歌いたいらしいから」とリズムボックスのスイッチだけ入れて再び袖に戻ると、伊賀航歌唱による“Runnin’ Away”へ。しかし退屈だったのか、細野氏は時折袖からちょっと出て来てぴょんぴょん飛び跳ね、漣氏もそれに合わせてぴょんぴょん(正にこんな感じでした)。最後、リズムボックスを止めに舞台に戻って来てMCする時には少し息が上がっていました。

ここから後半にかけて一気にテンポアップし、ノリノリのブギーナンバーを連発。最後の“Body Snatchers”が終わると、それまで消えていた舞台バックの派手な照明が一気に灯り、大きな歓声が上がります。

アンコールでは“はらいそ”を演奏。そして間を空けず、舞台上で細野氏からメンバーに急遽指示が回り、このバンドで「1回も練習してない」と言いながら、若干手探りのイントロから”暗闇坂むささび変化”へ。これにはひときわ大きな歓声が上がりました。

他にも“Hong Kong Blues”や“Pom Pom 蒸気”など、“あの時代”の曲が盛り込まれ、もっとドライに来るかと思っていた僕には想像以上のサービス満点セットで嬉しい誤算でした。1時間半強の短い時間でしたが、時間の短さを凌駕する濃度と密度のある演奏に大満足。

以下、セットリストをhosono archaeologyより引用。

Angel on My Shoulder
A Cheat
Dear Prudence
バナナ追分
Desert Blues
Lazy Bones
Hong Kong Blues
熱帯夜
悲しみのラッキースター
Cinese Skater
Runnin’ Away
Ain’t Nobody Here But Us Chickens
Pom Pom 蒸気
Tutti Frutti
29 Ways
The House of Blue Lights
Body Snatchers

〜アンコール〜

はらいそ
暗闇坂むささび変化

HOSONO百景
HOSONO百景 細野 晴臣 中矢 俊一郎

河出書房新社 2014-03-25
売り上げランキング : 46708

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>