渚にて at Namba BEARS (Osaka)

この日はNamba BEARS渚にてを観に行きました。

渚にて at BEARS 2013年12月22日

再始動後、ベアーズでの年に2回のワンマンというペースが続いており、この日は半年振りの鑑賞。当初、前回同様4人編成の予定でしたが、直前に吉田正幸が身内に不幸があったということで欠席。MCで何度も「次回は彼も来ます」と繰り返していたので、今や渚にての正式メンバーとして重要な存在であることが伝わってきます。

しかし、キーボードのいない物足りなさを吹き飛ばすほど、柴山伸二・竹田雅子の表現力は凄まじく、リズムとアタックの強弱で無限にイマジネーションを広げるドラムスと、シンプルな音の積み重ねで壮大なドラマを作り上げるギターと歌は、やはり唯一無二。改めて理想的なコンビだなぁと思いました。

来日したポール・マッカートニーが3時間のショウで水を一滴も飲まなかったことに倣って「今日は水を飲まずに歌います」と宣言した柴山氏、「暖房入ってたら切ってください……え、送風?……僕が暑くなってるだけか」と相変わらずの独走した白熱ぶりを見せながら、本当に最後まで水を飲まずに乗り切りました。

今回は本編中は再始動後の曲で固め、アンコールに懐かしめの曲(“あなたを捨てる”なんてかなり久々に聴いたと思いますが、昔聴いた感じがしなかったのは楽曲の強さ故か僕自身の老化故か)で締めくくるという構成。

かなり積極的に新曲を練り上げている印象ですが、来年はいよいよ新譜がリリースされる予定とのこと。楽しみです。

この日も終演後の物販は、財布の中身が給料前でスッカラカンだったのでパス。Square対応希望。

以下セットリストを公式Facebookページより転載。

1. まだ夜
2. 遠雷
3. 竹田新曲1
4. けものみち
5. 残像
6. 竹田新曲2
7. 竹田新曲3
8. 暗く青い星
9. 竹田新曲5
10. フジオ
11. そっくりモグラ
12. 竹田新曲4
13. 永遠の遠泳

Encore
14. 風のつよさ
15. あなたを捨てる
16. うたのあとで

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>