ともだちはじめ〜山本精一と津山篤の夜 at Namba BEARS (Osaka)

この日はNamba BEARSに「ともだちはじめ〜山本精一と津山篤の夜」を観に行きました。

想い出波止場からの盟友である二人が、わざわざ“二人だけ”で何をするのか……という、やや想像しづらいことへの興味と、きっと腰砕けなナンセンス爆発ショウになるんだろう……という期待を胸に会場へ。

しかし蓋を開けてみると、演奏は思いのほかシリアスで、歌もの無しのインプロヴィゼーションを繰り広げ、両者大いに弾きまくり。

ドラムセットやギター、キーボードが配されたステージに二人が現れると、それぞれアコースティックギターを手に取り、二人で10数分にわたる即興演奏を始めます。長年の付き合いによるものか、自由奔放ながら息の合ったスリリングな掛け合いは大変濃密。

続いては、若干息抜き的に山本氏が小さな三線のような楽器をべけべけと、津山氏が小さい笛をぴーひゃらと鳴らして、短めのとぼけたセッション。

そしてお互いエレキギターに持ち帰ると、出だしはブルース調でスタート。時折山本氏がギターからケーブルを抜き差しして“びー、ががが”というノイズを絶妙な間合いで絡めていたのが抜群に格好良かったです。

その後、プログレ調になったりしながら即興は続きましたが、全編に渡って感じたのは、“リハーサルを覗いているみたい”という感覚。肩の力を適度に抜いて、思いつくままにフレーズを重ねていく二人の姿からは、もしや想い出波止場の舞台裏はこんな様子だったのでは……と妄想せずにはいられませんでした。

10数分で演奏が終わると、この日初めてマイクに口を向けた山本氏が、

「……はい、終わりです」

と言って本当にそのまま退場。

当然のようにアンコールの手拍子をしていると、PAブースより「多分、休憩だと思います」とのひと言。

それに合わせて会場内にBGMが流れるや否や、唐突に二人が再登場します。

「BGM流したら、それ終わりってことやろ。それって良くない。出てこられへんやん。(お客さんに向かって)音楽流したら終わりやと思うやんな、そういう習性やもん」

とドラムセットに座りつつ話す山本氏。

「出てけえへんわけないやないか。そのぐらい自分らも読めや。何年ここ来とんねん。新規か」

とお客さんに対してもドヤしつけていましたが、いやいや、みんな貴方だったら本当に帰りかねないと思ってたんですって。

この後、ドラムスとキーボード、エレキギターとキーボード、エレキギターのデュオというセットでセッションが続き、津山氏がギターでブルースを弾きながら出鱈目な歌を歌いだすと、山本氏はギターを文字通り放り出し、ドラムセットに座って叩き始め、最後はベタなブルースバンドっぽく終了。

ドラムセットから戻ってくるや否や、

「なんやこれ。最もやってはいけないことをやってしまった」

と言う山本氏。そしてなんとなく私物販売のコーナーに入ったような感じで、津山氏は袋からテントの「わらびもち」さらばハイセイコー浪曲子守唄他、歌謡曲のシングルレコードを出し、レコードの説明をしながらキーボードの上に並べます。

山本氏は、「そやなーそやなー」を繰り返す、誰だか分からない人の適当なモノマネと、

「津山、ええレコード持って来たなー」
「それは、ええなー」
「ええの持って来たなー」

を繰り返して笑いを誘います。

山本氏がプロデュースしたテントの「わらびもち」のレコードを手に説明する津山氏と、

山本「これ、いくらで売んの」

津山「うーん、3,000円かな」

山本「うわ、安い」

津山「山本くんギターも弾いてるやろ」

山本「弾いてるかな……弾いてない」

といういい加減なやりとりをしたり、

津山「これやるわ」

山本「あ、マンフレッドマン。さすが、ええわー、ええの持って来たわー。津山。やっぱ、ええの持って来たなー」

とお客さん放ったらかしで喋り始めたり、ここでは書けない(というか書きたくない)ようなドギツい冗談をかましたりと、着地点が不明なまま適当極まりないお喋りが続きます。

突如津山氏がキーボードでメトロノームの音を鳴らし出すと、

山本「木魚やろ」

津山「メトロノームやで」

山本「……っていうか、どうしたいの? 売りたいの?」

津山「いや、もうええわ」

山本「売ろうよ」

津山「誰も買わへんて」

山本「買うよ」

と、もう何がやりたいのかも定まらず。

その後も、さらばハイセイコーのレコードを片手にサビを歌う津山氏に、

山本「馬好きやもんなー、馬、好きやもんなー、馬が、好きや」

そこで脈絡もなく津山氏がキーボードを鳴らすと、

山本「あ、今の馬の音やろ。馬の内臓の音」

そして、唐突に出す道標で山男ぶりをアピールしつつも、「嫌々やってんねん」とバッサリ。

そして……。

「それじゃ……どうもありがとうございました」

と唐突に終了。

ここまでで1時間半程度でしたので当然ながらアンコールの手拍子をしていましたが、今度は本当に出てきませんでした。

始めから何が起こるのか想像がつかないイベントでしたが、正に予想だにしなかった内容でした。津山氏のハッタリ気味の早弾きや山本氏のつんのめったようなドラムプレイはお互いの演奏と恐ろしいぐらいにマッチしていて、年期と常人離れしたナチュラルパワーでゴリ押しする痛快さは、この二人でなければ生まれないでしょう。

この容赦なく攻める感じ、破綻しているようでバランスしている感じ、人を食ったナンセンスさ……つまりこれは“NAKED想い出波止場”なんじゃないか……と、やはり思ってしまうのでした。

デカメロン
デカメロン テント

ミディ 2003-04-15
売り上げランキング : 426466

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>