アルケミーGURUGURU祭り at Namba BEARS (Osaka)

この日はNamba BEARSで行われた「アルケミーGURUGURU祭り」に行ってきました。

出演は、JOJO広重/津山篤/マニ・ノイマイヤー/河端一/JUNKOの5人。

プログラムは、インプロビゼーションによる5つのセットとなっていました。

まずは、JOJO/津山/マニのトリオ。リヴァーヴをたっぷり効かせたJOJOのギターに、一定のテンポでフレーズを紡ぐマニ、時折バス・クラリネットを絡めながらベースを弾く津山という構成での、ややアブストラクトな演奏でした。

続いては河端/JUNKO/マニという編成。こちらは河端とマニが火花を散らしながら掛け合いを繰り広げる緊張感溢れる演奏にJUNKOのシャウトが揺らぎ無く乗るというセット。ギターが激しくリフを刻み、ドラムスが巧みに曲展開を生み出しながら切れ味鋭いアタックを聴かせてくれたこのセッションがこの日のハイライトかな。

続いての河端/JOJOのデュオでは、フルスロットルでのノイズセッション。ザラザラとしたJOJO、ヒステリックな高域を暴走させる河端、というコントラストが絶妙で、楽曲としての完成度も高かったように思います。

そしてこの日唯一の「お馬鹿」なセッションとなった、津山/JUNKOのデュオ。JUNKOはいつも通りですが、津山の持ち出した楽器は、アルトリコーダー。JUNKOのシャウトをなぞるようにピロピロととぼけた音を奏でます。途中でバス・クラリネットに切り替え、最後は両方同時に吹いて、これまでのセットよりもかなり短めの時間で終了。楽屋に戻りながら呟いていた台詞は「あれ以上(続けるのは)無理」。

最後は全員揃っての「ACID MOTHERS GURUGURU階段」。マニの提示する展開に即座に反応する河端・津山、河端が弾き始めるリフに間髪入れず答えていく津山・マニという掛け合いで構築されていく曲の上で、極めてクールな立ち姿でシャウトを続けるJUNKOと、エフェクターをコントロールしながら、段階を踏んで、曲の展開を見ながら爆音ノイズに持っていくJOJOのギターが全体のトーンを決定づけていました。

絶妙なコンビネーションで次々とフレーズを繰り出すインタープレイに主軸を置いたスポーティなこのセッションでこの日のプログラムは終了。時間も21時前に終ったこともあり、かなりヘルシーな印象のイベントでした。もう少し聴きたかった気もしましたが、これぐらいコンパクトに纏まってるぐらいがいいかもしれませんね。

マニは今回初めて観ましたが、年齢を感じさせない(演奏前にチラッと見せた顔は確かに老人のそれでしたが、ドラムセットに座った途端、若返ったとしか思えない血色の良さでした。少なくとも、70歳の肉体じゃない)若々しさと、熟練の技とも言えるようなインプロヴァイズのボキャブラリーとひらめきの瞬発力を兼ね備えていて、シンプルなドラムプレイだけでも非常に聴き応えがありました。あと10年ぐらいは余裕で活躍してくれそうですね。

Kän Guru
Kän Guru Guru Guru

Universal/Polygram 2009-03-24
売り上げランキング : 301719

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>