MDT Festival in OSAKA 2009 at STUDIO PARTITA (Osaka)

この日はSTUDIO PARTITAで行われた「MDT Festival in OSAKA 2009」に行ってきました。

名村造船所跡に着くと、会場前の広場は既にたくさんの人。真昼の廃人BAKUTOで来た時の半分ぐらいしか広場を使っていなかったので、やや狭苦しい感じ。

中に入ったタイミングでDJ MIGHTYMARSがスクラッチを始めていたので、そそくさとフロアへ。BAKUTO以来久々のDODDODOでしたが、音楽的な変化があったのか、僕の聴き方が変わったのか、以前よりもキラキラとしたメロディアスな演奏に感じました。この日のメンツの中ではややアウェイ感がありながらも、素晴らしいパフォーマンス。イノセントなメロディの響きにグッときました。

転換に入り会場を出ると、お手洗いの手前にスペースを取って、よのすけショウをやっていました。PA無しの生声/生演奏、照明も手元の懐中電灯のみ、というセットで幕間に一席ずつ披露していたようです。カンパ制だったようですが、どれぐらい入ったんでしょうか……。

続いてのPARAは、得三では見られなかった映像付き。時間的にも音響的にも得三の濃密さには敵いませんでしたが、短い中にバンドの濃いところを凝縮し、ラストの「ARABESQUE」で後半に向けて音の激しさを高めていきながらドラマティックにエンディングを迎える構成は素晴らしかったです。一定の場所に留まりながら色鮮やかに展開していくサウンドは、まるで万華鏡の中で色の変化を感じながら光の反射を浴びているかのようでした。

この日のイベントは、転換の手際がよく、それが逆に出店を見て回ったりする時間を短縮してしまっていて、それはそれでちょっと残念だったかな。まあ、最初から来れればよかったんですが。

とりあえず、夕食に豚汁とおにぎりを食べ、カレーにありつけなかったと憤慨しながらカレー春巻きをかじるスマさんらと少し話をしていたら、間もなくneco眠るがスタート。

しばらく見ない間に伊藤コーポレーション(株)がJIGENみたいなルックスになっていたり、この日チェーンのネックレスを忘れたからと首からハンガーをかけていたりヌンチャクを振り回していたりした以外は、いつものneco眠る。「SUN CITY`S GIRL」もすっかり定番ナンバーになっていますね。大きな会場で皆が楽しそうに踊っている様子は、それだけでも感動的でした。

そしてトリは勿論、イベントの主役・ROVO。これまた久々に観ましたが、後半に演奏した「NA-X」や「REOM」よりも、前半の新しめの曲の方が今の彼ららしく感じました。まるで巨大な宇宙船が地球の上を遊泳しているかのような壮大なスケールで繰り広げられる音のスペクタクルは、これまで地上から宇宙へと飛び立つようなサウンドだったものが、宇宙から降り注いでくるかのような音世界へと変貌を遂げており、また、昔の曲の鋭角に攻めてくるソリッドなスタイルよりも、今のバンドサウンドにはマッチしていたようにも思いました。フジロックでChemical Brothersを観た時の「未知との遭遇」のようなスペース感。なんだかROVOはすごい次元に突入し始めたようです。

終演後、MCで山本精一が「これから毎年恒例にしたい」「出店者をもっと増やして広場をもっと広く使いたい」と、来年以降の同イベントへの意気込みを語っていたので、これから大阪でもMDTがレギュラー化されそうで嬉しいですね。今年は出演バンドが手堅過ぎた感が無いでもなかったので、来年はブッキングにサプライズを期待したいところです。水都のトークイベントで「チケット代はすごく安くした。若い子たちはお金持ってないから。彼らからお金取ろうと思わない」と言っていましたが、来年も是非チケット代据え置きでお願いしたいものです。

ROVO LIVE at 日比谷野音 2008.05.05 ~MDT FESTIVAL~ [DVD]
ROVO LIVE at 日比谷野音 2008.05.05 ~MDT FESTIVAL~ [DVD]
WONDERGROUND MUSIC 2009-05-05
売り上げランキング : 39878

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>