Thunder at Club Citta’ (Kanagawa)

この日はクラブチッタ川崎Thunderの最後のライブを観に行きました。

thunder.jpg

僕のライブ中毒のきっかけとなった彼らは、ブログを始める前に一度解散し、ブログを始めてから数年後に再結成、そしてまた、再びメンバーはそれぞれの道を歩むことになったわけですが、今回のツアーの様子を公式サイトや2ch(mixiコミュは使い物にならんなぁ、と思って見ておらず、さっき見たらどこよりも詳しかったです)で見ていると、最初の解散の時のような悲愴感は一切なく(まあ当時もパフォーマンス自体は非常にポジティブでしたが)、まるで普通の「レコ発ツアー」のようなセットリスト。最後の最後に、消化不良のまま終わりはしないか……と少々不安になりましたが、蓋を開けてみれば、見事なフェアウェルコンサートの「ベスト・オブ・ベスト」なセットリスト。

10年前と同じ、AC/DCの「Thunderstruck」で始まり、解散前のライブのように「Welcome To The Party」でスタート。いつものように、歌いたいだけ歌って、踊りたいだけ踊って、叫びたいだけ叫ぶ。帰りには声が枯れている、あの感覚。

生まれて初めてライブ会場に足を運んだ10年前のあの日から、見た目以外は何ひとつ変わらない、完璧な演奏技術と、観客を巧みに巻き込むチャーミングなキャラクターとテクニック。Thunderというバンドは、何度観ても、毎回確実に楽しませてくれ、帰り道で「最高やった」と喜びを噛み締めることが保証された、稀有な存在でした。それだけに、再結成後のアルバムの凡庸ぶりには閉口したし、解散が発表された時も、「アルバムを出してはツアー、というルーティンは限界かもな」と妙な納得もしましたが、今日もやはり最高に素晴らしいパフォーマンスを観せてくれたわけで、最後まで僕にとっては「ライブバンドのお手本」として、心に残り続けるでしょう。

彼らがすごくポジティブなこともあって、最初の解散の時のようなやるせない気持ちは無く、まるで普通の「ツアー最終日のライブ」を見に行ったかのような気分で帰路につきましたが、会場では、悔いの残らないように、全て出し切って帰って来ました。お陰で、喉が大変痛いです。
またメンバー全員が時間に余裕ができて、「久々に集まってみるか」と、ある日突然チッタのステージに飄々と現れることを夢見て、とりあえず、お疲れさまでした。

ありがとう、Thunder。あなたたちのライブに出逢って以来、年に数十回とライブに行く生活を続けていますが、あなたたちを超えるライブバンドにはまだ出会えていない気がします。

そして、どれだけの数/種類のライブを観ても、あなた方のライブの楽しさの秘密が一体どこにあるのか、僕にはそれが未だに謎なのです。

〈セットリスト〉
Welcome To The Party
On The Radio
Everybody Wants Her
I’m Dreaming Again
The Devil Made Me Do It
Empty City
Higher Ground
Like A Satellite
Fade Into The Sun
Just Another Suicide
Love Walked In
I Love You More Than Rock ‘N’ Roll

〜アンコール〜

A Better Man
Backstreet Symphony
River Of Pain
Dirty Love(途中でインサートされたカバーは「Satisfaction」)

The Very Best of Thunder
The Very Best of Thunder Thunder

EMI Gold 2009-05-11
売り上げランキング : 1716

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>