SOUL FLOWER UNION at CLUB QUATTRO (Osaka)

この日は心斎橋クラブ・クアトロソウル・フラワー・ユニオンを観に行きました。

会場入りの段階から、この日のお客さんはテンション高めで、一曲目の「神頼みより安上がり」から大盛り上がり。中川氏の口からも久々に「人気者みたいやなぁ」が飛び出すほど。

毎年、シャングリラをピークに、後はすっかり大人しいソウルフラワーのファンが、やたら元気でよく歌い、よく踊り、よく喋る。奥野氏も「ラクダ言うなっ。自分、曲の間もずっと喋ってるやろ」と、お客さんとのやり取りも、実に楽しい。

中川氏も「最近喋り過ぎやからMC少なめに」と言いながら、奥野氏がニューエストに加入する時のエピソード(当初はギターでオーディションしたが、「あのギターは無いなぁ。でも、あのルックスは使えるんちゃうか」という話し合いがあったとか)や、阪神の話もいつも以上にたっぷりと。河村氏も久々に二人に絡み、奥野氏の「石川遼がガッツポーズするのを見て、俺らガッツポーズってせえへんな思って」という話に河村氏が「石川遼と誕生日同じ」と言い出し、奥野氏は「リクオと同じ」、河村氏「カンテ・ディアスポラのリリース日と同じ」、オチに中川氏「ゆめちゃんは江夏と同じ」。そしてまた阪神談話へ……なんだかこの日はみんな、格別に楽しそうでした。

最近の傾向では、出だしはスロースタートで徐々に盛り上がる、という場合と、盛り上がってるお客さんと大人しいお客さんのムラが激しい場合、そして、全体的に大人しい場合、とがありますが、この日はフロア全体の活性が高く、みんなの歌う声でステージからの歌が聞こえない、ということもしばしば。

やっぱりソウルフラワーのライブは、お客さんが盛り上がらないとね。何年ぶりかというぐらい、歌って踊って大騒ぎしきった充実感がありました。

選曲の方は、年末ということもあってか、代表的なナンバーを押さえながらも、嬉しいレア・トラックが多め。

ニューエストからは「こたつ内紛争」に、久々の「外交不能症」(途中、中川氏が滑って転倒するアクシデントがあり、続いての「極東戦線異状なし!?」のイントロでひと言「人生は、思いもよらないところで、つまずくことがあります」)、さらにメスカリンから、上村美保子ボーカルによる「マウンテンバイク・フロム・ヘブン」も本邦初披露。美保ちゃん絡みでは、ライブ初登場の「名もなき惑星」も。個人的には、久々に聴いた「ホライズン・マーチ」、「世紀のセレナーデ」に興奮しました。

さあ、来年はまた闇鍋音楽祭にモノノケサミット、さらにニューエストのシングル集のリリースも決まっているということで、ソウルフラワー党の皆さん、ますます盛り上がっていきましょう。

※この記事を書いている途中に、歌舞伎昌三氏の訃報が入ってきました。

旅立ちに祝福を。

<セットリスト>
神頼みより安上がり
こたつ内紛争
サヴァイヴァーズ・バンケット
世紀のセレナーデ
Shinya’s Blessings(Mick’s Blessings)
月光ファンファーレ
ホライズン・マーチ
海へゆく
パレスチナ
外交不能症
極東戦線異状なし!?
マウンテンバイク・フロム・ヘブン
名もなき惑星
寝顔を見せて
Gotta Travel On
荒れ地にて
風の市
秋田音頭
満月の夕
うたは自由をめざす!
エエジャナイカ
海行かば 山行かば 踊るかばね

〜アンコール〜

ひぐらし
ラヴィエベル 〜人生は素晴らしい!

〜2ndアンコール〜

Whirlaway
松葉杖の男

カンテ・ディアスポラ
カンテ・ディアスポラ ソウル・フラワー・ユニオン

BM tunes 2008-09-17
売り上げランキング : 9674

おすすめ平均 star
star今一番リアルな声
star最高の摩擦熱
star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>