TURN ON, TUNE IN, DROP OUT! at 京都大学西部講堂 (Kyoto)

この日は、京都大学西部講堂で行われた、FLOWER TRAVELLIN’ BANDと頭脳警察の対バンイベント「TURN ON, TUNE IN, DROP OUT!」に行ってきました。

ftb.jpg
西部講堂の前に来ると、何だか入り口が狭苦しい感じが……と思いながら門をくぐると、広場だった所は白い壁で囲われ、壁の内側はプレハブが占拠していました。もう広場でも何でもなくなってしまっています。野外ステージどころか屋台もフリマも不可能なほど、講堂の前はすぐに壁。開演前からショッキングな情景に言葉を失いました。

会場が大幅に遅れ、悶々とした気持ちがより高まっていたところに、聞き覚えのあるフレーズが。講堂内でリハーサル中のPINK FLOYDコピーバンド・BRAIN DAMAGEが、「Shine on you crazy diamond」を演奏していたんですが……これがもう、信じられないくらい完璧。音色から間の取り方、全体のバランスまで、歌を除けば、まるでオリジナルのCDをかけているんじゃないかと錯覚を起こすほどです。実際、外から聴いていたので声が鮮明ではなく、しばらく耳をそばだててCDなのか生演奏なのか確認したぐらい。

結局リハーサルで全曲聴こえてしまっていたんですが、本番で「Shine on you crazy diamond」、「One of these days」、「Echoes」の三曲を披露。特に「Echoes」には、本家のCDを聴いているときの「持っていかれる感じ」にとらわれ、しばし恍惚となりました。フルセットでは、「Money」や「Comfortably numb」も演っていたようなので、ぜひまた関西でもライブをやってほしいです。

続いてのANTI-SPECTACLEは、スラッシュ/ハードコア。しかし、中年ばかりの客層には全く響かず、みんなほとんど座りっぱなしで鑑賞。このバンドがこのイベントを企画したらしいですが、ファン層を取り違えていたようです。お互い我慢大会みたいになってしまっていて、実に残念な結果に。まあバンドとしても、取り立ててコメントも仕様の無い、スラッシーなギターと怒号、ツーバスリズム、というようなオーソドックスなサウンドでしたが。

続いて頭脳警察。初見でしたが、音的にはやはり古臭さは否めないという感じ。ただ、歌詞のリアリティと切れ味の鋭さはさすが。バンドよりも、デュオでやっている響の方が観たくなりました。年配のPANTA信者の多さが、バンド終わってる感を醸し出していて、ちょっとなぁ、という空気に。

最後のFLOWER TRAVELLIN’ BANDはこれまた初見。新曲がもう、全然昔のあの音ではなく、普通過ぎて実に退屈でしたが、旧曲はバンドアンサンブルもジョー山中のロブ・ハルフォード張りのシャウトも冴え渡り、身震いするほど格好良かったです。はっきり言ってCDは全て手放し、オリジナルのキーも、どの曲が何に入っていたなんという曲か、などという情報は一切合切消えてなくなってしまってましたが、イントロが流れた途端に胸の奥からこみ上げてくるものがありました。あの呪術的なハード・ロック・サウンドがまさか生で聴けるなんて……。いいもの観させてもらいました。

Satori
Satori Flower Travellin’ Band

WEA International 2007-11-06
売り上げランキング : 103743

おすすめ平均 star
star衝撃のアルバム
star祝・再結成!
starハイレベルなロック!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>