真昼の廃人 真夜中のHIGH人 at 服部緑地野外音楽堂〜HOP KEN presents ホープ軒 at sunsui (Osaka)

この日は服部緑地野外音楽堂で行われた「真昼の廃人 真夜中のHIGH人」と、鰻谷 燦粋で行われた「HOP KEN presents ホープ軒」に行ってきました。

まずは久々の服部緑地。銀杏BOYZのTシャツを着た人がほとんど、その中の半分ぐらいはニキビ面の10代、という、そこそこ不快な客層。

ものすごく天気が良く、半袖でも暑いぐらいの陽気で、あまりの気持ちよさに、どのバンドもまともに観ることも無く寝続けてしまいました。司会進行のクリトリック・リスだけは全部起きてましたが。この人はほんと素晴らしい。

オシリペンペンズだけ唯一ちゃんと観ました。モタコ氏はこの日も超自由。消化器を放射しながら登場し、数曲歌うとバックステージからもう一本。スタッフに止められてました。他にもゲロ吐いたりPAの屋根に登ったりと、サービスカット満載。それもこれも、バンドメンバーの超人的脱臼力による演奏技術に支えられているわけですが、あの演奏に入っていけるモタコ氏の「合ってるか間違ってるか分かんないけど合ってる」リズム感も改めて凄いな、と感じました。

その後、クリトリック・リスと猫ひろしが下半身露出してはしゃいでるのを見て、緑地公園を後に。

燦粋に着くと、森山ふとしのDJ中。途中から千住宗臣のソロとクロスフェードする感じが、なかなか格好良かったですね。ソロライブ自体は、METROの時よりも時間が短い分、緊張感があった印象。

服部緑地ではほとんど寝てて聴いてなかったneco眠るは、過去に何度か観てましたが、小さなハコでじっくりと聴くのは初めて。いわゆる人力トランス的な音なんだけど、最小限のメンバー構成とどこかユルい感じの音の重ね方が面白いです。パーカッションがいたりツインドラムだったりギターが何人もいたり、というバンドに飽食気味の現代において、貴重な存在。

ガル橋太郎こと内橋和久×ガルペプシ×竜巻太郎のトリオは壮絶。D-1優勝者でもある竜巻氏のドラミングは舌を巻くほど圧倒的でした。内橋氏もエフェクトを織り交ぜた内橋節全開で、ガルペプシのMCもビートボックスやライムを駆使してインプロしてました。即興でここまでのことが出来ると、さぞ楽しかろうて。

ウリチパン郡は、くもに代わり、トロンボーン奏者とサックス奏者をゲストに配してのライブ。やはりこの編成でアルバムの楽曲を再現するには音が弱いな、というのと、各楽器同士の音のバランスが今ひとつで、曲の良さが少し抑え込まれてしまった感じがありました。うーん、なんか勿体無い。

d.v.dは初見でしたが、いやぁ、面白い。DVDで観ていたんで大体どんなパフォーマンスなのかは分かっていましたが、これは生で観ると一際楽しいですね。こういう、観ていてキャッキャ言いそうになる楽しいライブというのはなかなかお目にかかれません。

DVDで観ていた時には気がつきませんでしたが、タムを一切排したシンプルなドラムセットは、映像との同期を考えれば必然なんですが、目から鱗でした。

TENORI-ONを使ってのパフォーマンスは鳥肌もの。そして、本編ラストの、ドラムに会わせてダンスするイラストのパフォーマンスが楽しいったらありません。

「童心に帰る」なんてことを言いますが、シンプルな音楽と映像だけでオーディエンスを子供のようにはしゃがせることができるなんて、こんな素晴らしいことはありません。久々に、色んな人に目を輝かせて話したくなるようなライブを観ました。

また観たい。

01 > 01(01 Less Than 01)(DVD付)
01 > 01(01 Less Than 01)(DVD付)” /></a></td>
<td valign=d.v.d

ex-po/HEADZ 2007-11-07
売り上げランキング : 31563

おすすめ平均 star
star今って、やっぱり21世紀なんだね

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>