ツグノフの森 at AI・HALL (Hyogo)

今日はアイホールツグノフの森を観に行きました。

G2演出の舞台は何度か観ていますが、G2作・演出というのは、生で観るのは初めて。

氏が「今、自分の中で一番面白いと思っていること」を形にしたという本作。登場人物それぞれが秘密を抱えながら進行するストーリー展開は、数学とアートとの対比や、各キャストの思惑や時間軸をポリリズム的に見せることで観客をかく乱しつつ、随所にユーモアとヒント、そして謎解きを張り巡らせることで、かなり突拍子も無いプロットでありながら、意外と難解さや取っ付きにくさは感じませんでした。

それは小劇場という、大舞台よりもエネルギーの集中しやすい舞台を使っていた、ということもあったでしょうが、登場人物のキャラクターやキャスト陣の演技力によるところも大きかったように思います。特に、東京という舞台設定なのに違和感無く関西弁で喋る福田転球、感情剥き出しで声の馬鹿でかいチャーミングなヤクザを演じた坂田聡にMVP。坂田氏の場合は、劇中、唯一の「マトモな人」であり、観ていてほっとするような、素直に笑える役だったということも大きかったかも。

最後に畳み掛けるようにタネ明かしをしてしまわなくても良かったかなとも思いましたが、総てくまなく説明するわけではなく、終演後に、「あれ、結局、あれは何だったんだろう」という謎がいくつか残る後味感は、なかなか絶妙。

この日が全公演通しての初日だったこともあってか、セリフの間違いやミスが多かったのが少し気になりましたが、まあ初日だけの特典ということで、アリということにしましょう。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>