カヒミ・カリィ at 同志社大学ハーディホール (Kyoto)

今日は同志社大学ハーディホールに、カヒミ・カリィを観に行きました。

昨年リリースされた「NUNKI」を中心に、近作の楽曲や「細野晴臣トリビュートアルバム 」でカバーしている「風来坊」などを、大友良英、ジム・オルーク、Sachiko Mといった音響系のアーティストのサポートの元に披露。カヒミさんの繊細な声とアルバムでの精緻なサウンドをステージ上に再構築するため、PAをZAKが担当。演奏中、ステージ上にはバックドロップと合わせて、ステージと垂直に等間隔につり下げられた薄い布にも映像が投影され、客席の位置によって見え方が異なる、幻想的な空間を演出。

アンビエント的なムードも漂わせていた、ある種現代音楽的にも感じられる静謐なサウンドは、カヒミさんの声と、彼女が終始湛えていた「陽」のエネルギーで、決して冷たい触感にはならず、むしろぬくもりすら感じさせました。それは彼女自身MCで話していたとおり、アルバム同様、ONJOでのツアー経験がアーティストのモチベーションとして上手く結実し、作品、そしてパフォーマンスの充実度にも反映されているからでしょう。「All is splashig now」での外山明の「水パーカッション」のようなアイデアにしても、大友氏と彼女との相性の良さを改めて感じさせられました。

NUNKI
NUNKI カヒミ・カリィ

ビクターエンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 14882

おすすめ平均 star
star聴けば聴くほど
star彼女の吐息の温もりが
star地味だけど

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>