OOIOO at CLUB METRO (Kyoto)

今日はCLUB METROOOIOOを観に行きました。

生で観るのは3年ぶりぐらいですが、作品自体も、新作「TAIGA」前作から3年ぶり。のけぞるような傑作に仕上がっていたので、かなりの期待に胸膨らませて会場へ。

8時頃に中へ入ると、間もなくALTZのライヴがスタート。奇天烈さとユーモアを織り交ぜながらもダンス衝動に忠実なビートは、かなりクセになる感じ。無心になって踊りました。ギターやベースも時折弾きながらのパフォーマンスで、最後にはOOIOOよりYoshimi(ボーカル+KAOSS PAD的なエフェクター)とAI(パーカッション)を迎えてにぎやかに終了。

しばしのセッティングの後に始まったOOIOO。ドラムスはAIとサポート・ドラマーによるツイン・ドラム編成。「TAIGA」からの曲を中心に構成されたセットでしたが、期待を遥かに凌駕する、凄まじい演奏でした。

ツイン・ドラムということもあってのことでしょうが、とにかくドラム・サウンドが強烈で、前方で聴いていて卒倒しそうになるぐらい。新作がこれまでになくミニマルなビートが多かったこともあって、ちょっとROVOを連想しましたが、ROVOには無いプリミティブさとオルタナ感覚/ポップ感覚がやはりOOIOOらしいという感じ。

一曲ごとに息を飲むような迫力に圧倒されながら(そんな中でも、「UMA」の時に目の前に掲げながら歌っていたカンペが、フロア側から見るとバーバパパの落書きだったり、曲間でエフェクターをセッティングしながら「くらくて見えへん、明るくしてぇ」とか、曲のコードを思い出せず「忘れてもうたぁ」などとユルいところも垣間見せてくれて、ちょっとほっこり)、ラストはトランシーにアレンジされた名曲「on mani」で終了。約1時間のライヴでしたが、終わった後の感覚としては、もっと長大な、巨大なスケールのものを観ていたような印象が残りました。今のOOIOOの演奏には、時間軸を超越したような、何か得体の知れないエネルギーでも備わっているのでしょうか。

何はともあれ、凄いライヴでした。オルタナ系のロック・バンドはアルバムで聴くと退屈だけどライヴは凄い、というのが僕のイメージなんですが、それが「アルバムも凄い」と、こんなことになるのか、と。久々に観終わった後に溜め息が出てしまいました。

今のOOIOO、必見です。

TAIGA
TAIGA OOIOO

ピーエスシー 2006-07-04
売り上げランキング : 23276

おすすめ平均 star
star自然がいっぱい?!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>