SOUL FLOWER ACOUSTIC PARTISAN at SITE KOBE (Hyogo)

今日は、SITE KOBESOUL FLOWER UNIONの別動アコースティック・ユニット、SOUL FLOWER ACOUSTIC PARTISANを観に行きました。普段は東阪中心のライヴしか出来ないバンドの機動性を上げるための小編成ということで、北は北海道、南は沖縄まで、長年心待ちにしていたソウルフラワーファンのハートを鷲掴みにしてきたようで、公式BBSも大盛況。

……と、いうことで、この神戸公演は、中川本人が「関西公演はリハーサル」などとのたまってましたが、元々スケジュールに無かったものの、「どうせオフにしたって練習するんやから、どうせやったら」ということで後付けでブッキングしたらしく、そのせいか、ちょっとハコがライヴハウス然とし過ぎていて(しかもPAの不調で、演奏中バリバリとノイズがどこからか漏れていて「満月の夕」の時などはかなり気になった)、メンバーは終始戸惑い気味でした。

しかし、そこは形は違えどソウルフラワー。楽しくないはずはありません。2年前のアコースティック編成でのツアーでは、ドラムスが無いために若干やりづらそうなことを言っていましたが、今回はパーカッションを加えて安定性も抜群。さらに、フルバンド編成ではなかなか聴けないレアな曲(2年前にも演っていた「もっともそうな二人の沸点」に、「夜に感謝を」や「ひぐらし」、そして何よりも、初めて生で聴いた「レブン・カムイ」には全身鳥肌でした)に、ビートルズから渥美清まで、驚きのカバー曲も満載のサービス全開盛り沢山の内容でした。

あっという間の2時間半。バンド以外の問題もあって、ベストとは言えないものの、やっぱりアコースティック編成でのライヴは(2年前も思ったことですが)、本体とは全く違う新たな魅力に溢れています。今後も是非、ユニオン、モノノケの公演と平行して継続して活動してほしいです。

……東名阪以外のファンも増やしてもらわないといけないしね。

ロロサエ・モナムール ロロサエ・モナムール
ソウル・フラワー・ユニオン

3Dシステム 2005-07-20
売り上げランキング : 1,056
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>