SOUL FLOWER UNION at CLUB QUATTRO (Osaka)

今日は、心斎橋クラブ・クアトロソウル・フラワー・ユニオンを観に行きました。今年4度目ですが、とにかく素晴らしい新曲の数々がライヴでしか聴くことができないので、何度でも行きたくなるわけです。

この日も新たに新曲を披露。中でも特筆なのが、「不死身のポンコツ車」。のけぞってしまうぐらい強烈な曲名です。これでつまらない曲なわけがない。名曲っ。

この日も新旧織りまぜて新鮮味を失わない見事な選曲ながらも、「年末ソウルフラワー祭2004」と銘打たれているわりにはいつもどおりといった感じ。でも、一応、奥野真哉コーナーでは、イレギュラーな企画も折り込まれていました。コーキと共にキース・エマーソンばりのハードなピアノソロ〜「風ガハランダ唄」より「アイ・ノウ」を奥野自ら歌を披露(これがまあ、歌のキーが全然合わなくて……)〜樋野展子とのデュオで「アンチェインのテーマ」(「アイ・ノウ」のズッコケぶりを挽回する素晴らしい演奏)。

本編最後は「さよなら港」(客観的に見ると、「さよなら港」を本編最後に歌うロックバンドって、かなり変わってますわな)、1stアンコールで「満月の夕」「海行かば 山行かば 踊るかばね」、2ndアンコールで久々の「もののけと遊ぶ庭」、3rdアンコールで「こたつ内紛争」、と、必殺のパターンでしたが、やはりこの1年通してソウルフラワーユニオンのライヴのハイライトは「新曲」でしょう。今日も、「極東戦線異状なし!?」で涙し、「酒と共に去りぬ」に酔いしれました。

Fine Time 2~A Tribute to New Wave Fine Time 2~A Tribute to New Wave
オムニバス OTOMO YOSHIHIDE’s NEW JAZZ ENSEMBLE featuring KAHIME KARIE Ken Yokoyama
ユニバーサルJ 2005-04-06
売り上げランキング : 14,606
おすすめ平均 Amazonで詳しく見る

by G-Tools

Pocket

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>