EGO-WRAPPIN’ at SITE KOBE (Hyogo)

今日は、神戸のライヴハウス・SITE KOBEEGO-WRAPPIN’を観に行きました。

今まではイベントでしか観たことが無かったので、ワンマンはこれが初めて。新作「Merry Merry」からの曲を中心に構成されたセットは、代表的な人気曲を最後まで取っておく形で進められましたが、アルバムで聴くと、それまでのバンドのイメージとのギャップから、非常に地味な印象を受けていた新作が、ライヴでは鮮やかに輝きを放ち、大盛り上がりになった後半よりも、むしろ前半のじっくりと聴くムードの方が味わい深くて良かったです。「PARANOIA」でも「かつて..。」でも、盛り上がるには盛り上がるんですが、お約束というか、バンドアンサンブルが見事に機能した新曲の後に聴いてしまうと、荒さや古さすら感じてしまいました。

SITE KOBEは、キャパ300人ほどの狭いライヴハウスで、今回はメンバーを間近で見ることが出来たんですが、とにかく中納良恵の存在感が圧倒的。歌ってても歌ってなくてもひたすら動き続け、時にはオジー・オズボーン張りのジャンプも披露。でも、息が上がらない。凄まじいパワーで歌う、歌う、歌う。一挙手一投足が魅力的なこの希代のフロントマンに興奮しながら、ふと、ビョークを思い出しました。

merry merry
merry merry EGO-WRAPPIN’ Yoshie Nakanoおすすめ平均
starsEGOらしさが出てきた。
stars最高傑作
stars最高傑作かも
stars今回のアルバムは評価が割れいるのは・・・
starsホワイトアルバム? キッドA?

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>