TRIPLE TOUR ’04 入道雲 at CLUB QUATTRO (Osaka)

今日は、心斎橋クラブ・クアトロZAZEN BOYSを観に行きました。この日のライブはsmorgasJPC bandとの対バン。

まずはsmorgasの登場。ヘヴィ・ロックのリズム隊に2MC。それ以上でも以下でもない、想像通りの音でした。曲間のMCで「スノーボードやってる誰某に捧げる曲」みたいなMCを聞いて、「あ、スケーターロックか」と、妙に納得。こんな音楽、未だにやってる人たち、いたんですね。ライヴ終了後の、後ろにいたお客さんの言葉「何でこんなバンドがメジャーデビュー出来るんやろ。誰でも出来るやん。俺、絶対コネやと思うねん」。

続いてJPC band。結構個性的なレゲエ・バンドで、2MCという点ではsmorgasと一緒ですが、バンドのグルーヴ感が全然違う。特にベースサウンドは、フロアを揺らすような超ド級のヘヴィさでした。ただ、曲間のMCがこなれていなくてグダグダしてしまい、歌詞の内容のメッセージ性が強いだけに、致命的な感じがしました。メッセージに説得力を持たせるためには、更なる成長が必要ではないかと思いました。smorgasはもう観たくないですが、このバンドには少し期待したいです。

最後は、お目当てのZAZEN BOYS。初っ端から「半透明少女関係」〜「SI・GE・KI 」で大熱狂。さすがの貫禄です。途中、次作「ZAZEN BOYS II」から、「視聴して下さい」と、触りだけ演奏。ミドルテンポの曲で、本当に「予告止まり」という感じ。それにしても向井秀徳のMCには、なんともいえない中毒性があって、聴き入ってしまいます(結構、内容が無かったりすることも多いんですけどね)。緩急織りまぜながら、最後は当然、「自問自答」。さすがにNUMBER GIRLと違ってレパートリーが少ないので、展開がある程度読めてしまいますね。特にこういう持ち時間の少ないイベントの場合。

ZAZEN BOYS ZAZEN BOYS
ZAZEN BOYS

MATSURI STUDIO 2004-01-10
売り上げランキング : 615
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>