「カメラを止めるな!」は小劇場“の醍醐味”を映像化して大成功を収めた映画でした


今更ながら、ちょっとまとめておきたかったので。

僕は8/6に、TOHOシネマズなんばに「カメラを止めるな!」を観に行きました。
出だしで長回しがある超低予算映画、という以外にできるだけ予備知識を持たずに観ましたが、結論としては「小劇場演劇の面白さを映画化した作品」だということに至りました。それは、原案が小劇場演劇であるということだけではなく、その作り方、ひいては楽しまれ方にもそういう特徴が垣間見えるということです。

《続きを読む》